課金はバーチャルでお金を使っている

課金はバーチャルでお金を使っている

課金はバーチャルでお金を使っている

バーチャルなんだけど仮想ではなくて実際に使っているというのは携帯でするゲームでの課金などが思いつくんです。
やってる時には実際にお金を使ってるんだけどリアルさが少ないから気がついたらかなり課金していて支払う時に驚いてしまうということがあるんじゃないかと思います。
以前ならカードでの買い物などがそうだったと思いますが、カードは実際に買い物していて出すものだからある程度頭の中で計算しているとは思います。

でもゲームでの課金の場合にはほんとに使っているというよりはどこか現実感がないんじゃないかと思います。
だから子供などは気がついた時にはかなり使っているという事が多いんじゃないかと思います。
ゲームの中でのみ貯めたポイントをお金という表現をしているものもあるからその感覚で使っている部分もあるんじゃないかと思います。
大人なら使いすぎてもそれなりに自分で出来る能力はあると思います。

でも子供は実際に携帯をもっていても支払いは親がしている場合が多いから子供にしても自分が払ってるんじゃないかとそれこそ現実感がないんじゃないかと思います。


簡単に子供に携帯を与えてしまうと怖いんじゃないかと思います。
それでもバイトをして自分で携帯代を払っている子供はそこまでゲームにのめりこんだりはしないと思います。
自分で払っている子供はバーチャルというのはを別の意味には捉えないんじゃないでしょうか。
ある意味では仮想という訳しかたをすると思うんですが実際には仮想ではなく事実上という言い方が正しいんじゃないかと思いますが日本では仮想という訳しかたをする部分があるからそこを勘違いしてしまうとバーチャルとは仮想だと思う気持ちになってしまうんじゃないかと思います。
そしてゲームの課金部分を見えていないからこそ現実として捉えないんじゃないでしょうか。
それにはまった子供を持つ親が支払いの時に気がついて慌ててしまうんじゃないかと思います。

Copyright (C)2014課金はバーチャルでお金を使っている.All rights reserved.